Pickup 本の中のリスト

百朝集

八休
『これだけ休め得たならば、我々はいかに自由を得ることであろう。』  他 1 件

新版 はじめての課長の教科書

新版 はじめての課長の教科書
  • 酒井穣 (著)
  • 会社情報: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014-03-20)
  • 商品情報: Kindle版, 186ページ
  • 価格情報: 新品 なし、中古 なし
  • 詳細情報: Amazon.co.jp詳細ページへのリンク
このアイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
  • ……なし。
レビューと詳細情報 (Amazon.co.jp)
◎新任マネジャーのテキストに、社内研修に、昇進&評価基準作成に…。
勝ち抜く企業をつくる「新任マネジャーのバイブル」大幅リニューアル!

 ・多くの読者からご要望いただいた「実践編」が、シンプルな30のチェクリストとして追加。
 ・反響の大きかった3章を中心に、全章に渡って加筆・修正、新規図版を追加。
 ・全体で30%以上の内容増。

◎日本発“新世界標準”のミドルマネジメント

2008年2月刊行以来、新任の課長さんをはじめ、これからマネジャーを目指す方、中間管理職を育てたい経営者の方、さらにビジネスパーソン以外の学校や病院、NPOなど、さまざまな組織の方にお役立ていただきました。

日本国内に加えて、韓国・台湾・中国などアジア圏でも読まれています。
さらに現在、英語版の翻訳作業も進んでいます。


◎新任管理職のバイブル

本書は「世界初の中間管理職の入門書」です。
本書の旧版への大反響をきっかけに、全国の企業様で本書を元にした企業研修が行なわれるようになり
書店店頭には「課長本ジャンル」ができるほど、充実するようになりました。
類書がたくさんある現在でも、本書は「新任管理職のバイブル的テキスト」としてご活用いただいています。

◎ミドルマネジメントは欧米からは学べない!
中間管理職は日本企業独自の「強み」です。

「課長」には欧米発のマネジメント理論では説明しきれない役割があり、独自のスキルが必要になるのです。
今までそれは仕事の中から学ぶものでしたが、はじめて1冊の入門書としてまとまりました。

課長は組織のキーパーソン
中間管理職の中でも「課長の仕事」は、他の中間管理職の仕事よりも難しく、かつ重要です。
課長は組織の「情報」と「人」を活性化するキーとなるポジションだからです。

現在、課長として活躍されている方、課長に任命されたばかりの方、そして、
いつか課長になりたいと考えている方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。
Amazon.co.jpランキング: 24483
関連アイテム (Amazon.co.jp)
関連アイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
カテゴリ (Amazon.co.jp)

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement