Pickup 本の中のリスト

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

記憶力の鍛錬が培うもの(中世)
『古代から中世にかけての記憶の教科書(略)の著者たちにとって、記憶を訓練する目的は、情報にアクセスしやすくなるというだけでなく、己の倫理観を強化し、完全な人間を目指すことにあった。』 

世界一簡単!「ストレス」と上手につき合う方法

世界一簡単!「ストレス」と上手につき合う方法
  • 堀北 祐司 (著)
  • 会社情報: 三笠書房 (2014-11-12)
  • 商品情報: Kindle版, 162ページ
  • 価格情報: 新品 なし、中古 なし
  • 詳細情報: Amazon.co.jp詳細ページへのリンク
このアイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
  • ……なし。
レビューと詳細情報 (Amazon.co.jp)
◎日常生活での「小さな工夫」こそ、逆境・失敗・本番に強くなるパワーを生み出す!

断言します。
「今あるストレス」から逃げても、「ストレス」は必ずまたそこに「存在」します。
ストレスは「なくそう」とするのではなく「上手につき合う方法」を見つけることが重要なのです。

●ひとまず、情報から離れる

●心を緩めたいときは、「空を見る」のがてっとり早い

●泣く、怒る、笑う……どうせなら「気のすむまで」やる

●妄想をふくらまして「別のストーリー」を仕立てる

●「気持ちが上向きになる言葉」をストックしておく

●たまった疲れは、「雨の音」で洗い流す

●「居心地のいい人」のそばにいく

●「悩む時間帯」を変えてみる

●人間関係に悩んだら「歓宿縁」……

楽しみながら試してみてください。
ふっと視界が開けて、心がふわりと軽くなる
――そんな体験があなたにも訪れるはずです。


■目次

・1 まずは「考え方」を変える―逃げない・隠さない・とらわれない

・2 「言葉のチカラ」を借りる―不思議なほど心を強くしてくれる!

・3 「心の疲れ」を溶かす―“重い鎧”を脱ぎ捨てよう

・4 「イメージ」を活用する―暗い気持ちを吹っ飛ばす「頭の使い方」

・5 「書くこと」で救われることもある―ストレスに強い人の「メモ・ノート活用術」

・6 「五感」を刺激する―真のリフレッシュ・リラックスを味わう奥義

・7 「場所」と「時間」を変える―同じことをぐるぐる考えてしまうときの「打開策」

・8 「人間関係」の悩みを消す―あなたの隣の“ハリネズミ”からうまく身を守る法

・9 「カラダ」を意識する―ストレスを寄せつけないココロとカラダのつくり方

・10 たった3秒!今の気分をガラッと変えたいときのコツ―オフィスでこっそり使える「救急箱」

■著者 堀北 祐司
Amazon.co.jpランキング: 43818
関連アイテム (Amazon.co.jp)
関連アイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
    ……なし。
カテゴリ (Amazon.co.jp)

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement