Pickup 本の中のリスト

アイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニング

よい聞き手になるための10の秘訣
『次に挙げるのは、よりよい聞き手になるための10の秘訣で、生涯を通して上手な聞き手になるための核心となる方策である。』  他 1 件

アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術

アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術
  • 谷本 有香 (著)
  • 会社情報: ダイヤモンド社 (2015-05-21)
  • 商品情報: Kindle版
  • 価格情報: 新品 なし、中古 なし
  • 詳細情報: Amazon.co.jp詳細ページへのリンク
このアイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
  • ……なし。
レビューと詳細情報 (Amazon.co.jp)
「聞く技術」「聞き上手の本」を読んで実践しても、なかなか成果が出ないという方多いと思います。
なぜ、単なる聞き上手だと成果が出ないのか
それでは、単なる「いい人」で終わってしまうからです。では、どうしたらいいのか。
相手を気分良くさせて、それでいて、自分の強みをさりげなく相手にアピールし、自分の思い通りの結果に導くことが出来る、そんな方法があるのです。
それが本書でお伝えしたい「アクティブ リスニング」という方法です。

この「アクティブ リスニング」の方法は本来、人見知りで引っ込み思案で、人付き合いが大の苦手だった著者が、たまたま抜擢されることから始まった10数年以上に渡る厳しいフリーランスのキャスター人生の中で、自分自身の力でなんとか生き抜いていくために試行錯誤を繰り返しながら見つけ出した技術です。
これによって著者は、看板番組の主演は勿論、日経CNBC初の女性コメンテーター、日銀関係者などが登壇する経済シンポジウムのパネリストなどにも抜擢され、企画・構成から出演するまで担当した二つの経済特別番組で賞を取るまでになれたのです。
この「アクティブ リスニング」は、「聞く」という一見受け身の体制を取ることから、かつての著者のように、人と話す時に上がってしまったり、しゃべるのが苦手だったり、会話を続けることが出来ないような人にとって、そんなに難しくなく入ることが出来る技術です。
聞き上手の姿勢を取りながら、その会話のために必要な相手を知る十分な準備と、その後、関係が継続、発展するようなフォローをしっかりやれば、これまで単なるその場の「会話」として終わっていたものが、結果を生み、次につながるようになり、結果、自分の可能性がどんどん広がっていくことになるのです。
Amazon.co.jpランキング: 81111
関連アイテム (Amazon.co.jp)
関連アイテムに関係のあるリスト (*ListFreak)
    ……なし。
カテゴリ (Amazon.co.jp)

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement