Pickup 本の中のリスト

交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義

戦闘時の意思決定理論(OODA)
『軍事戦略家のジョン・ボイドは、(略)孫子の兵法を参考に、タイミングを武器として活かすテクニックとして、4段階の戦闘理論を開発している。』  他 3 件

辞める? 辞めない? 迷ったときの決断法  t 

まえがき
迷ったときに使う3つの言葉です。
リスト このリストを引用する
  1. それは『事実』なのか?  t 
  2. それは『継続』するのか?  t 
  3. それは『保障』されるのか?  t 
あとがき
 何か決断を迫られたら、まず最初に「それは『事実』なのか?」この言葉で考えてください。誰かの想像や仮定、自分の思い込みであって、事実ではない場合があります。こういうものに対して決断を下しても、それが消えてなくなってしまえば、決断も一瞬にして無効になります。

 次に「それは『継続』するのか?」この言葉で考えます。一瞬で終わるもの、一過性のものに決断してしまうと、決めたことが失敗だと分かったとき、軌道修正する時間が足りなくて修復不可能になります。

 最後に、「それは『保障』されるか?」という言葉で考えます。自分が決断しても、それに多くの人が反対したら、孤独な状況が続きます。気持ちも疲れてきて、長続きしないかもしれません。支援の得られる決断であれば、成功する確率がアップします。

出典:ITアーキテクトが見た、現場のメンタルヘルス
   第9回 辞める? 辞めない? 迷ったときの決断法
   樋口節夫 (2008/5/19)
タグ
情報
投稿:yogainu さん 登録:2008/5/25 最終更新:2008/5/25
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement