Pickup 本の中のリスト

スタンフォード教授の心が軽くなる先延ばし思考

「意義ある先延ばし」のためにリストの上位に置くべきタスク
「それ」をしたくないがために、思わず他の仕事に没頭してしまう。この逃避力?を活用してトータルでの生産性を高めようとするのが「意義ある先延ばし理論」。では「それ」はどのようなタスクであるべきか。 

「3つ」という数字が持つ魔法のパワー  t 

まえがき
『「3つ」という数字には、魔法のパワーがあります。それは何か?』
リスト このリストを引用する
  • 優先順位 − 2つのモノを並べるより、3つ並べることで優先順位の意味が表れ、人々の記憶に残る  t 
  • リズム − 正確には四拍子。「Yes」「we」「can」「ポンッ」と四拍子になることでリズム感が出る。  t 
  • 広がり − 2つではなく、3つにすることで全体としての広がりが生まれる。  t 
あとがき
まえがきを含めて『考え・書き・話す3つの魔法』より。

3という数字の持つ魔法には以前から興味を持っていたので、この本も大きな期待を持って読みました。しかし、魔法の種明かしとしてはまだまだ納得できず。たとえば「真善美」や「守破離」の美しさの秘密がこの3つに帰着することがあろうか。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2009/9/7 最終更新:2009/9/7
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement