Pickup 本の中のリスト

幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする

情緒的適応のAREAモデル
『このプロセスのほとんどは、意識的な努力を必要とせず自動的に起こっている。』 

時間を取り戻す6ステップ  t 

まえがき
「私たちは時計の奴隷ではない。主なのだ。」
リスト このリストを引用する
  1. 時間の主導権を握る 〜 自分で生活のリズムを決める  t 
  2. 自分の体内時計を知る 〜 朝型か夜型かは生まれつき  t 
  3. 余暇をつくり出す 〜 余暇は用事がないことではなく、積極的に作り出すもの  t 
  4. 感覚をとぎすます 〜 注意を現在に向ければ、時間は長くなる  t 
  5. 集中する訓練 〜 脳はマルチタスクができない  t 
  6. 本当の優先順位は? 〜 本当にしたいかどうかを選択の基準にする  t 
あとがき
まえがきを含めて『もっと時間があったなら!―時間をとり戻す6つの方法』より。「〜」以降は解説文の要約を追加しました。このリストだけ見ると凡庸な本のように見えますが、読みやすく濃い、いい本でしたよ。集中力の重要性を再確認。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2010/2/15 最終更新:2010/2/15
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement