仕事で幸せになれる?なれない?チェックリスト

まえがき

当てはまる数が少ないほど、仕事で幸せになれる人といえます。

リスト

  1. 朝、「会社に行く」という意識で出勤する
  2. 自分の評価が低いのは、与えられている仕事が悪いからだ
  3. 組織で決められたことを守るのに徹し、自分の意見は持たないほうがよい
  4. 会社が、自分のキャリアパスや目標を考えてくれるべきだ
  5. 話をするときに、否定形をよく使う
  6. 仕事をするときには、まず上司の考えを理解してから実施するようにする
  7. スケジュールの遅れは悪いことだと思う
  8. 自分がしたい仕事をさせてもらえたら、もっと能力が発揮できる
  9. 自分より仕事の遅い人をみるとイライラする
  10. 担当していた仕事を手放すと、すべて終わった気持ちになってすっきりする
  11. 自分は会社の中でいちばんだと自負している

あとがき

『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』より。当てはまる項目から想定される症状は、以下の通り。

1,3,4,6 → 会社依存症
2,4,6,8,10 → 課題待ち症候群
7 → 減点主義
9 → 過剰期待
5 → ネガテイブ思考
11 → 井の中の蛙

引用元は、タイトル通りソフトウェア開発者を対象にした本です。実はまえがき部分は「当てはまる数が少ないほど、ソフトウェア開発で幸せになれる人といえます」ですし、10番目の「担当していた仕事を手放すと、」は「ソフトウェアをリリースすると、」です。ですので、自分の職務には当てはまらないぞという方、ごめんなさい。

とは言いつつ、かなり汎用性の高いチェックリストかなと思います。

(書影)

タグ

キャリア(32)  ソフトウェア開発(1)  仕事(31)