座禅の心得(調身・調息・調心)

まえがき

『座禅をするために必要な心得として「調身」「調息」「調心」があげられる。これらのうち、ひとつでも欠けると正しい座禅はできないとされている』

リスト

  • 調身(服装や姿勢を調える) … 衣服はトレーニングウェアや作務衣など、体を締め付けないゆったりとしたものを選ぶ。時計やアクセサリーなどもはずす
  • 調息(呼吸を調える) … 座禅は呼吸法が最も大切だともいわれる。息は必ず鼻で吸うようにして、吐く時はおへその下のおなかの部分(丹田)に意識を集中させて「静かに、細く、長く」息を吐くようにする。これを、腹式丹田呼吸法という
  • 調心(雑念をはらい心の乱れを調える) … 座禅をしていると、五感が研ぎ澄まされ、ふだんは聞こえないさまざまな自然の音が聞こえてくる。そのような状態が続くと、心が集中するどころか、いろんな雑念や妄念にとらわれてしまうことがある

あとがき

まえがきを含めて『禅の世界(大図解シリーズ No.966)』(東京新聞 2010年11月7日)より。

この「大図解」は、新聞の見開き面を使った解説シリーズ。ついトイレに貼っておきたくなる(笑)コーナーです。

タグ

仏教(43)  座禅(1)  瞑想(8)  (5)