Pickup 本の中のリスト

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

ホフステッド指数(国民性の指標)
『統計分析の結果、ホフステッドは国民性という概念が四つの次元からなることを明らかにし、一九八〇年に著書として発表しました。』  他 3 件

クリーン・ランゲージの12の質問  t 

まえがき
『クリーン・ランゲージはメタファーの深い意味を見極めます。質問には、できるかぎり前提やメタファーを入れないようにします。そうすれば、話し手のメタファーが成長し発展する空間ができます。』
リスト このリストを引用する
  • (…で、)(そのXは、)どんな種類のXですか?〈属性〉  t 
  • (…で、)Xについて、ほかに何かありますか?〈属性〉  t 
  • (…で、)Xはどこに/どのあたりにありますか?〈場所〉  t 
  • (…で、)そのXは、何のようですか?〈メタファー〉  t 
  • (…で、)XとYには関係がありますか?〈関係〉  t 
  • (…で、)Xの場合、Yはどうなりますか?〈関係〉  t 
  • (…で、)そのあと/次に何が起きますか?〈発生の順序〉  t 
  • (…で、)Xの直前には何が起きますか?〈発生の順序〉  t 
  • (…で、)Xはどこから来ているのでしょうか?〈起点〉  t 
  • (…で、)Xは何がどうなったらいいと思いますか?〈意図〉  t 
  • (…で、)Xのために、何がどうなる必要がありますか?〈必要条件〉  t 
  • (…で、)X(になること)は可能ですか/できますか?〈必要条件〉  t 
あとがき
まえがきを含めて『クリーン・ランゲージ入門―〈12の質問〉にもとづく新コーチング技法』より。まえがきはp59から、リストはp104からの引用です。
『XおよびYは、話し手の言葉、もしくは、非言語的シグナルを表しています。(p77)』
また12の質問は最初の6つが「内容を明らかにする質問」、次の3つが「発生の順序と起点を明らかにする質問」、最後の3つが「意図を明らかにする質問」とカテゴリ分けされています。

相手の思考に介入せず、しかし促すための、分かりやすくて強力なアプローチだと思いました。
これらの問いだけでは、これらがなぜクリーンなのか、どう使えばよいのか、意味がつかみづらいものもありますが、本書ではていねいに解説されています。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2011/12/17 最終更新:2011/12/18
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement