Pickup 本の中のリスト

持続可能な未来へ

持続可能性への対応の5段階
「持続可能性への対応が事業の戦略や目的に十分に織り込まれるまでの過程は、五つの段階にわかれる」  他 2 件

分散型リーダーシップの4能力  t 

まえがき
『(この「分散型リーダーシップ」と呼ぶべきモデルは)いずれもやや単純化されているものの、今日のビジネス環境において求められる知性と対人関係力、理性と直観、感性と創造性といったものをほぼカバーしています。』
リスト このリストを引用する
  1. 状況認識(センスメイキング):企業と従業員が置かれている状況を理解すること  t 
  2. 人間関係の構築:社内外で人間関係を形成すること  t 
  3. ビジョンの策定:説得力あふれる将来像を描くこと  t 
  4. 創意工夫:ビジョンを実現するための新しい方法を生み出すこと  t 
あとがき
まえがきを含めてピーター M. センゲ他「完全なるリーダーはいらない」(『昇進者の心得―新任マネジャーの将来を左右する重要課題』所収)より。

この分散型リーダーシップ論では、リーダーシップを発揮するために必要な能力をすべてリーダー個人のうちに備えるべきという仮定に立ちません。まずはリーダーの能力を定義し(それがこのリスト)、リーダーは自分に足りない能力を他者の助けを借りて補うべしと説きます。

まえがきで引用したとおり、この4項目でカバレージ十分とのこと。しかし僭越ながら、枠組みとして十分なのか、何か抜けてるんじゃないかという気がしてしまいます。最後の「創意工夫」がすべての漏れを拾ってくれそうでもありますが。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2012/12/29 最終更新:2012/12/29
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement