Pickup 本の中のリスト

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識

放射線被曝を制限するために考慮すべき3つの要素
ICRPは「線形閾値なし(LNT)仮説」を採用したうえで、つまりどんなに少なくても放射線にはリスクがあると仮定したうえで、放射線被曝を制限するために考慮すべき3つの要素を提案しています。 

罰を与えるときに考慮すべき3側面  t 

まえがき
『どんなものでも罰には三つの基本的な面がある。』
リスト このリストを引用する
  • 【厳しさ】罰の重さは問題ではない。厳しい罰は逆効果になる場合がある。  t 
  • 【スピード】すぐに罰を与えることが重要である。遅くなればなるほど、過ちそのものや、そこに至るまでの心理プロセスを忘れてしまう。  t 
  • 【一貫性】理想的には、親は子供が悪さをしたら、そのたびに言い聞かせるべきだ。簡潔で冷静で一貫していれば、子供たちは叱責をきちんと受け止める。  t 
あとがき
まえがきを含めて、ロイ・バウマイスター、 ジョン・ティアニー『WILLPOWER 意志力の科学』より。本文を編集のうえリスト化しました。スピードと一貫性は「ある」ほうが望ましいのですが、厳しさは「問題ではない」ので、ややわかりづらいかも。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2014/4/28 最終更新:2014/4/28
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement