カフカの階段(ホームレスになっていくプロセス)

まえがき

『ホームレスになっていくプロセスは、階段を転げ落ちるさまに喩えられる。(略)この図式は「カフカの階段」と呼ばれる。』

リスト

  • 《仕事も家もある状態》 ↑ 自身と社会への信頼を取り戻さなければならない
  • ↓労働からの排除(失業・病気など) ↑ 資格・技術がないと低賃金の仕事しかない
  • ↓家族からの排除(離婚・DV・虐待など) ↑ 保証人がいないとアパートに入居できない
  • ↓住居からの排除(家賃滞納・ローン破綻など) ↑ 住所がないとハローワークが相手にしない
  • ↓金銭からの排除(貯金切れ・借金など) ↑ 就職しても給料日までの生活費がない
  • 《野宿の状態》 野宿者とわかると会社が相手にしてくれない

あとがき

まえがきは、小島 希世子 『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家の挑戦』より。リストは同書と「いす取りゲームとカフカの階段」(野宿者ネットワーク)から編集のうえ引用しました。

もともとは図なのでリスト化するにあたり翻案しています。各段階の「↑」より左側がホームレスになっていくプロセス。「↑」より右側は、その段階へと戻るための「壁」の例です。

右側をよく読んでみるとわかるように、降りるときは一段ずつなのですが、登るときには一段ずつとはいきません。ホームレス問題の難しさを端的に表現したリスト。

ちなみにこの名称は、先述の野宿者ネットワークの代表である生田武志氏がカフカの小説『父への手紙』にちなんで付けたそうです。

(書影)
  • タイトル:ホームレス農園
  • 著者:小島希世子/著
  • 出版社:河出書房新社
  • 出版日:20141024

タグ

ホームレス(1)  貧困(2)