Pickup 本の中のリスト

ゼロから考える経済学――未来のために考えておきたいこと

思いやりの経済システムの六つの基盤
「これらの基盤のうちどれか一つの構築が進むと、双方向型の変化のダイナミクスによって、その他すべてにおいても進歩が始まる」  他 1 件

健康資産(ポジティブヘルスの定義)  t 

まえがき
『健康資産とは実際には何なのか、それはまだ分かっていない。(略)まず、可能性のある全3種類のポジティブな独立変数から始めてみよう。』
リスト このリストを引用する
  • 【主観的資産】 楽観性、希望、健康の感覚、熱意、活力、人生の満足度など  t 
  • 【生物学的資産】 心拍変動の上限、ホルモンのオキシトシン、低濃度のフィブリノゲンとインターロイキン-6、テロメアと呼ばれるDNAの繰り返し配列が長いことなど  t 
  • 【機能的資産】 素晴らしい結婚生活、70歳でも息切れせず階段を三段跳びできびきびと歩いて上ること、豊かな友人関係、魅力的な余暇の活動、充実したワークライフなど  t 
あとがき
まえがきを含めて、マーティン・セリグマン『ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ』より。リストは本文からの編集・引用です。

主観的・生物学的・機能的。人間関係と階段を上る能力などをまとめて「機能」という器に入れるあたりが、なるほど。でもこれらの網羅性や独立性はどうやって確かめたのかしら。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2016/2/24 最終更新:2016/2/24
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement