レピューテーション経済で起きる9つのこと

まえがき

『「レピュテーション経済」は、評判が瞬時に分析・保管され、特別待遇や利益を手にするパスポートとして使われるような世界だ。』

リスト

  • すべてが保管される (Stored)
  • すべてが点数化される (Scored)
  • すべてが機械化される (Potent)
  • すべてがランクづけされる (Discoverable):
  • すべてが定量化される (Disruptive)
  • すべてがリアルタイム化される (Instant)
  • すべてが互換性を持つ (Portable)
  • すべてが脱文脈化される (Inaccurate)
  • すべてが先手必勝になる (Proactive)

あとがき

まえがきを含めて、マイケル・ファーティック、デビッド・トンプソン 『勝手に選別される世界――ネットの「評判」がリアルを支配するとき、あなたの人生はどう変わるのか』より。リストは原書と訳書の目次から引用しました [1][2]。 内容が想像しづらいものもありますが、さいわい訳書の目次[1]が充実しているので、そちらでだいたい見当が付くかと。



[1] 日本語の目次はダイヤモンド社の書籍紹介ページより引用
[2] 英語の目次は紀伊國屋書店の書籍紹介ページより引用

タグ

ビッグデータ(1)  レピュテーション(1)  評判(1)