ストア派哲学の3原則(ライアン・ホリデイ)

まえがき

『ストア派の人々はその著述の中で(多くは個人的な手紙や日誌)、またその講義の中で、現実的で実行可能な答えを出そうとした。そしてついに、その思想を体系化した。』

リスト

  • 【ものの見方】 周りの世界をどのように見て、受け止めるか ―― ものの見方を正しくコントロールすれば、澄みきった目でありのままに世界を見ることができる。
  • 【行動】 何のために、どんな決定を下し、どんな行動をとるか ―― 行動をきちんと適切な方向に向ければ、期待した成果を収めることができる。
  • 【意志】 自分の力では変えられない物事に、どのように対処すれば曇りのない、納得のいく判断を下すことができるか。そして世界における自分の立ち位置を正しく理解できるか ―― 意志の力を正しく用いれば、どんな困難にも対処できる知恵とバランス感覚を身につけることができる。

あとがき

まえがきを含めて、ライアン・ホリデイ 『ストア派哲学入門──成功者が魅了される思考術』(パンローリング株式会社、2017年)より。本の中のリストと本文を組み合わせてリスト化しました。

原書では Perception, Action, Will 。

なお、こう続きます。

『そうやって自らを鍛え、同胞市民をも助けることで、何ものにも負けない強い心と目的意識が養われ、人生の喜びさえも育まれる、というのがストア派の信念である。』

(書影)
  • タイトル:ストア派哲学入門
  • 著者:ライアン・ホリデイ/スティーブン・ハンゼルマン
  • 出版社:パンローリング
  • 出版日:2017年07月

タグ

ストア派(1)  哲学(27)