水五則

まえがき

水のようにありたいものだ。ときどき見かけますね。

リスト

  • 自ら活動して 他を動かしむるは水なり
  • 常に己の進路を求めて止まざるは水なり
  • 障害にあい 激しくその勢力を百倍し得るは水なり
  • 自ら潔うして他の汚れを洗い 清濁併せ容るるの量あるは水なり
  • 洋々として大洋を充たし 発しては蒸気となり雲となり雨となり 雪と変じ霰と化し 凝っては玲瓏たる鏡となり 而もその性を失わざるは水なり

あとがき

少々作為が見えてしまうような気がして個人的にはそれほど惹かれないのですが、水からでもこれだけの学びを引き出せるのだという教訓として。探してみると、こんな本もありました。

(書影)
  • タイトル:人徳の研究
  • 著者:松原泰道
  • 出版社:
  • 出版日:1998-07

タグ

人生訓(18)  処世術(4)  (1)