Pickup 本の中のリスト

社会理論と社会構造

科学的方法のルール(科学のエートス)
『ロバート・マートンは、「科学のエートス」を特徴づけていると彼が考える四つの「価値」を提案したことで知られる。』 

ラジオビジネス英会話 Lesson1-2  t 

まえがき
New Office Ambience (2)
→ラジオビジネス英会話 Lesson1-2に出てきた単語を覚えましょう!
※下線がテキストに出てきた単語です。例文(コロケーション)はテキストに出てきたものとは限りません。黒塗りの部分をクリックすると訳語を確認できます。各単語の詳細はテキストで。
リスト このリストを引用する
  • disturbing noise「雑音」 ※disturbing「不安にさせる心をかき乱す」  t 
  • relish a fabulous success「素晴らしい成功を味わう」  t 
  • distraught look「(悲しみなどで)取り乱した表情」  t 
  • due caution十分な(それ相当の)注意」  t 
  • disaffected by politics「《be 〜》政治に不満を抱く」  t 
  • sore point不満の種泣き所」  t 
  • crux  t 
  • This is the crux of the problem.「これがその問題の最も重要な点である。」  t 
  • head off a credit crunch「貸し渋りを阻止する」  t 
  • ongoing debate over capital punishment「死刑制度に関しての継続中の議論」  t 
  • air pros and cons賛否両論を述べる」  t 
  • be fuzzy about…について曖昧である」  t 
  • rank-and-file employee一般社員平社員」  t 
  • bond with one's subordinates「部下たちと親密なきずなを結ぶ」  t 
  • salve someone's feelings「(人の)気持ちを和らげる」  t 
  • by degrees少しずつ徐々に  t 
あとがき
今回は難しい単語が多かったですね。"relish", "distraught", "salve"とか。ちゃんと覚えないと!
タグ
情報
投稿:arai さん 登録:2007/4/7 最終更新:2007/4/7
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement