転職を考えてもよい10の状況

まえがき

こんな兆候があったら、転職を検討してもいいかも。

リスト

  1. 自分の能力を最大限に発揮していないという自覚がある
  2. 愚痴を言い合える同僚と過ごす時間が増えてきた
  3. 現在の雇用主の下では自身の将来像を描くことができない
  4. 現在の仕事の長所と短所を挙げてみる・・・その結果、短所が勝る
  5. 現状改善の方法を探しても、現状を自分が本当に望んでいるものへと変えることはできない
  6. スキルが陳腐化してきているのに、現在の職場ではそれをアップデートする機会が与えられない
  7. やる気を維持するための積極的な支援を十分に受けることができない
  8. 給与が十分でない
  9. どこか他の場所に住みたい
  10. 就職後に、その会社あるいは仕事の状況が根本的に変化した

あとがき

転職を決断するときに考えるべき項目10カ条」 – ZDNet Japan より。原文は”10 signs that it’s time to look for a new job“。10カ条は良い訳だと思いますが、タイトルだけ変更しました。転職を決断するときに考えることではなく、その前の段階 ―転職を検討してもいいかもしれない兆候― についてのリストなので。

なかなか考えさせてくれるリストです。ただ転職を考えているときは自分に甘くなる(いろいろな不満を雇用主のせいにしたくなる)ときでもあるので、上記を2周くらいチェックして、現在の職場で改善の努力を尽くしてから決断、ということでもいいかなと思います。

タグ

キャリア(32)  決断(32)  転職(12)