Pickup 本の中のリスト

WILLPOWER 意志力の科学

罰を与えるときに考慮すべき3側面
『どんなものでも罰には三つの基本的な面がある。』 

【思いつきコラム】名リスト作者としてのお釈迦様

投稿ツリー

  • なし 【思いつきコラム】名リスト作者としてのお釈迦様 (admin, 2011/1/24 15:26)

このトピックの投稿一覧へ

なし 【思いつきコラム】名リスト作者としてのお釈迦様
msg# .1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011/1/24 15:26 | 最終変更
admin  管理人   投稿数: 55
(どこに置いておくべきか分からないので、とりあえずここに。)

*ListFreakでは仏教初期仏教など仏教関係のタグが付けられたリストが数多く公開されています。

実際、仏教の教えには、○箇条でまとまったものが多いんですよね。最近読んだ『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』に、端的にまとまったリストの素晴らしさと作成の難しさが語られているくだりを見つけました。
引用:
 仏教では、四聖諦、八正道、五取蘊、七覚支、三十七菩提分法、百八受(感覚)、三つの渇愛等々、重要な教えを数字でまとめています。この「数字でまとめる」という仕事は、普通に思われる以上に大変なことです。数字でリストにしてまとめるためには、必要なデータをすべて揃えなければならないからです。
 たとえば「五」項目でまとめたリストがあったとする。だれかがリストに一つでも足してしまうと、以前のリストは不完全だったことになるのです。一切智者たるお釈迦様が、追加可能な不完全なリストを作るはずがありません。完全なリストを作って遺された、ということはお釈迦様が完全な悟りに達したブッダであるという証拠に他ならないのです。
 といっても、教えを完全なリストでまとめたのは、お釈迦様の単なる腕自慢ではありません。リストがあることで、私たちは、教えの大事なポイントを忘れることなく、覚えたり、実践したりすることができるのです。(p43)

お釈迦様こそ最強のリスト作者だったのか……。精進します。

  条件検索へ


リストを購読する

Advertisement