Pickup 本の中のリスト

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

記憶力の鍛錬が培うもの(中世)
『古代から中世にかけての記憶の教科書(略)の著者たちにとって、記憶を訓練する目的は、情報にアクセスしやすくなるというだけでなく、己の倫理観を強化し、完全な人間を目指すことにあった。』 

【実践ガイド】社内勉強会で仕事のコツを共有する

投稿ツリー

  • なし 【実践ガイド】社内勉強会で仕事のコツを共有する (admin, 2008/3/7 0:14)

このトピックの投稿一覧へ

なし 【実践ガイド】社内勉強会で仕事のコツを共有する
msg# .1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/3/7 0:14 | 最終変更
admin  管理人   投稿数: 55
部内に散らばっている仕事のコツ、いろいろあると思います。「はじかれない稟議書のコツ」、「クロージングに持ち込むセールスのコツ」、「外さない商品開発のコツ」、などなど。

こういったコツは、タイトルだけ見ればどの組織でも同じです。しかし世の中には一つとして同じ組織はありません。仕事の内容・組織文化・メンバーの個性などが違うのですから、仕事をスムーズにやり遂げるためのコツも、組織に固有の部分が必ずあります。

しかも、意識的に引っ張り出して共有していく必要があります。さもないと、個人の中にしまい込まれたままになったり(属人化)、いったん共有されても徐々に使えなくなったり(風化)してしまいます。

そこで、組織(部・課・プロジェクト・チーム)内で、仕事のコツを共有するための社内勉強会を開催してはいかがでしょうか。

リストのチカラ』は、個人の頭の中に、あるいは部内に埋もれている知恵を集めて、束ねて、固めて、最終的にはシンプルな箇条書きの「リスト」にする技術についての本です。
以下は、この本をテキストとして2時間の勉強会を開催した場合のガイドです。大まかな時間配分も添えました。本がお手元にない方にも、だいたいはイメージをつかんでいただけると思います。

1. テーマを決める(30分)

  参考:p145〜150、160〜164、40〜41
  参考:p148〜152、162〜167、42〜43(文庫本)

【定義】です。リスト化したいコツを決めます。事前課題として各自リストアップしておくか、5分間くらいで各自が思いつくものを挙げます。その結果を回覧・共有して、今回リスト化するコツを一つに絞ります。

ここでは、最終的なリストのタイトルを具体的に書いてみて、合意することが重要です。この作業によって、共有したいテーマが明確になります。

例えばサービス開発に関するコツを共有するとしましょう。流れが混沌としているために混乱が生じていることが問題なら「サービス開発○つのステップ」、作業ミスが多いのなら「サービス開発○戒」、スケジュールが遅れがちなら「サービス開発○つの進捗チェックポイント」といった言葉になると思います。

なお、今回対象とならなかったテーマ案は次回も使えますので保存しておきましょう。

2. コツの断片を集める(30分)

  参考:p165〜177、266〜269
  参考:p168〜182、284〜287(文庫本)

【列挙】と【分析】です。いきなりホワイトボードに書き出す前に時間を取って、各自が頭の中からコツの断片を拾ってくる時間を設けましょう。「〜のステップ」といった「順序」のリストや「〜のステージ」といった「段階」のリストを考える際には【分析】の作業が重要ですので、様々な枠組みを試してみましょう。

3. いくつかのコツに束ねる(30分)

  参考:p178〜189
  参考:p182〜196(文庫本)

【構成】と【要約】です。このステップと前の2のステップの合計が60分(全体の半分)くらいというイメージです。【分析】のステップで枠組みが見えていない場合は、集まった断片をグルーピングしていきます。このとき、ただ内容の似た項目をまとめてもよいリストになるとは限りません。結局何のリストを作ろうとしているのか(1のステップでの議論)を思い出してください。

4. 印象的な言葉として固める(20分)

  参考:p189〜207
  参考:p196〜215(文庫本)

【凝縮】と【修辞】です。ここはセンスが問われるところ。第一部の、よいリストたちを眺めたりしながら、言葉にとことんこだわりましょう。大書したり声に出して読んでみることも重要です。

もし途中参加のメンバーが予定されていたら、このステップで入ってもらうといいですね。きちんと凝縮されているかどうか、新鮮な目でチェックしてもらえます。時間が許せば、このステップも前のステップと同じくらいのじっくりやりたいところです。

5. リストを見直す(10分)

  参考:p207〜214
  参考:p216〜224(文庫本)

【再定義】です。当初の問題意識に正しく応えるリストになっているでしょうか?もし話がずれてしまったとしたら、チームの問題意識が話しているうちに明らかになったということでしょう。その場合はタイトルの方を変えてしまいましょう。

リストをどのように活用するか、決めておきましょう。カードにするのか壁に張り出すのか。使ってみた感想を持ち寄るのはいつか。次に見直すのはいつか。

この本は、仕事机の上に置いていただくのはもちろん、社内勉強会などで活用していただけることも意識して書きました。リストのチカラで組織力向上のお役に立てればと願っています。

(追記)
『リストのチカラ』は2009年3月にタイトルを変えて文庫化され、値段も700円とお求めやすくなりました。内容はほとんど変わっていませんがページ組みが変わりましたので、文庫本における参考ページを青色で追加しました。

『毎日使えて一生役立つ 「リスト化」仕事術』

  条件検索へ


リストを購読する

Advertisement