Pickup 本の中のリスト

30分で英語が話せる

ほとんどの日本人が間違う、英語における「6つの発音」
『実は、日本人の英語が通じない1つの原因は、「6個の正しい発音」が、できていないからなんだ。』 


  1. 「何をしなければならないか」と自問自答していた。
  2. 「この企業にとって正しいことは何か」と自問自答していた。
  3. アクション・プランをきちんと策定していた。
  4. 意思決定に対して責任をまっとうしていた。
  5. コミュニケーションへの責任をまっとうしていた。
  6. 問題ではなくチャンスに焦点を当てていた。
  7. 会議を生産的に進行させていた。
  8. 「私」ではなく「我々」として、発言したり考えたりしていた。

引用元 anchor.png

P.F. ドラッカー経営論

P.F. ドラッカー 『P.F. ドラッカー経営論』

解説 anchor.png

「マネジャー」の仕事について、世界共通の定義はありません。社員全員をマネジャーと呼ぶ組織もあれば、マネジャーが特別な重みを持つ組織もあります。そこで、マネジャーの仕事のチェックリストはピーター・ドラッカーの著作から引きました。氏は「マネジメント」という概念を発明したといわれています。

通常、マネジャーの仕事は組織があらかじめ用意してくれています。ですからマネジャーの名刺をもらい、マネジャーとして定められた職務をこなせば、マネジャーの仕事をしたことになります。しかしこのリストによれば、それでは不十分。有能なマネジャーは、そもそも『「何をしなければならないか」と自問自答』しているからです。

なぜこの仕事が与えられたのか。本当にこれが自分のするべき仕事なのか。何をどこまでやれば達成といえるのか。自分の仕事をそのように「再定義」することから、マネジャーの仕事は始まるということです。

その他の7つもじっくり考えるに値する項目。マネジャーの羅針盤として時々チェックしたいリストです。


Counter: 1300, today: 1, yesterday: 4
最終更新: 2012-05-02 (水) 15:18:18 (JST) by admin

リストを購読する

Advertisement