Pickup 本の中のリスト

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)

リスクの取り方の5ポイント(羽生善治)
「私は、アクセルとブレーキをいかに加減するか、どこまでアクセルを踏んで、どこでブレーキを踏むか、リスクをどう取っていくか、いかにリスクを分散させるか、ということを考えながら、日々の将棋を指しています。  この加減は、自分の年代や世代、取り組んでいる物事に対する経験値や、置かれている立場によって変わってきます。」 


  1. 早く始めよ
  2. 自分が使える優遇制度を調べ、活用せよ
  3. ポートフォリオはシンプルに
  4. 市場平均に勝とうとするな
  5. 流行の商品を追い掛けるな
  6. 自動引き落としを活用せよ
  7. 株を多めに
  8. コストを抑えよ
  9. 高金利の借金をするな
  10. 税金の支払いを最小化せよ

引用元 anchor.png

10 Rules for Building Wealth | FORTUNE より。 http://money.cnn.com/popups/2006/fortune/buildwealth/index.html

解説 anchor.png

資産形成のルールはいろいろあります。ここでは一個人投資家の立場から保守的なスタンスのリストを選んでみました。

どこかで読んだようなことばかりだな、常識的だな、と感じられるかもしれません。しかし、実際これらすべてに愚直に従うと打ち手はかなり限定されてしまいます。

そこでつい「例外」を作ってしまう。だんだん「例外」が増えていく。リストはそのようにして死んでしまいます。わたしも何度この手のリストを殺してしまったことか……。

そもそも、こういった「ルールのリスト」は、それに愚直に従うために作るものです。ですから、守れない(あるいは意味のない)項目は捨てる、重視する項目は上に持っていく、などのメンテナンスが欠かせません。そこで敢えて「月に一度は目を通しておきたいリスト」としました。

リスト項目は、徐々に具体化していくのがよいでしょう。例えば「コストを抑える」とは(取得コストと維持コストに分けて)どのくらいか。株を多めにとは何割か。自分なりの根拠を作ってリストに肉付けしていきます。


Counter: 1327, today: 2, yesterday: 2
最終更新: 2012-05-02 (水) 15:18:18 (JST) by admin

リストを購読する

Advertisement