Pickup 本の中のリスト

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)

リスクの取り方の5ポイント(羽生善治)
「私は、アクセルとブレーキをいかに加減するか、どこまでアクセルを踏んで、どこでブレーキを踏むか、リスクをどう取っていくか、いかにリスクを分散させるか、ということを考えながら、日々の将棋を指しています。  この加減は、自分の年代や世代、取り組んでいる物事に対する経験値や、置かれている立場によって変わってきます。」 


  1. 金融資産 ― 蓄積と交換が容易な富
  2. 健康 ― 豊かな人生の条件であり、同時に目的でもある
  3. 伴侶 ― 互いを、社会を、支える基盤
  4. 子(孫) ― 未来へのかけはし
  5. 志 ― 生涯を賭けた挑戦
  6. 見識 ― 自分の言葉を持つ
  7. 自由時間 ― 重要なことに時間を配分できる状態
  8. 友情 ― 損得を超えた信頼の絆
  9. 職業スキル ― 世の中に役立つ力
  10. 仕事のネットワーク ― 自分の価値を認めてくれる顧客・仲間
  11. 事業 ― 社会貢献の装置
  12. 思想 ― 後世に遺せる無形の富
  13. 姿勢 ― 死後、自分がどのように思い出されるか

参考書 anchor.png

堀内 浩二『人生における13の富』 - 起-動線

http://www.ki-dousen.net/go.php?nsec=255

解説 anchor.png

未来学者アルビン・トフラー氏の著書『富の未来』のメッセージを思い切って要約すれば、 「貨幣に集約されてきた『富』の概念が、また多様化していく」 ということになります。

個人が生産者兼消費者(プロシューマー)化していく。貨幣の代替物(ポイント・マイレージなど企業通貨や地域通貨)が増えていく。さらにはモノとモノ、仕事と仕事の交換も容易になっていく。

そのような時代において、何を人生の富と考えることができるか。つまり、何があることをもって「豊か」というのか。それを考えてみました。

挙げていけばキリがないし、かといってまとめ過ぎてしまっても抽象的でつまらない。そこで13個挙げることにしました。13個あると、毎週1テーマに集中していけば1年間でちょうど4周できるからです。これはご存じ「ベンジャミン・フランクリンの十三徳」のアイデア。フランクリンは大事にしたい13の徳を定義して、1週間ずつ実践を重ねていったそうです。現在はライフハックが流行していますが、彼こそ最初のライフハッカーですね。


Counter: 1117, today: 2, yesterday: 2
最終更新: 2012-05-02 (水) 15:18:18 (JST) by admin

リストを購読する

Advertisement