Pickup 本の中のリスト

マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書

空・雨・傘
『ただ単にデータや情報が集まっただけでは「問題解決」をしたことにはなりません。ここで重要なのは「空・雨・傘」という思考をすること。』 


  1. 仕事の成果を、"Productivity"だけでなく"Creativity"で測る
  2. 仕事の目標を、"Profitability"だけでなく"Sustainability"に据える
  3. 仕事の能力は、"Skill"だけでなく"Mind"を磨く
  4. 仕事のポートフォリオを作る
  5. 社会に果たしたい、自分のミッションを持つ
  6. 態度を選ぶ。そのための勇気を持つ

参考図書 anchor.png

堀内 浩二『「マインドの時代」に生きる社会人の心得』 - 起-動線

http://www.ki-dousen.net/go.php?nsec=242

解説 anchor.png

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

「マインドの時代」は、『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』という本の原題にヒントを得て命名しました。これからの社会人が大事にすべきことをまとめてあります。

  1. 「どれだけたくさんの仕事をしたか」ではなく、「どれだけの価値をもたらしたか」で仕事の成果を測る。「自分ならでは」の仕事をする。
  2. 短期的には利益を得られる事業であっても、長期的に持続できないならば参加するべきでない。家族、社会、自然、次の世代の損失をもたらす事業は、継続性がない。
  3. 「意味」や「物語」や「こだわり」が価値を産む時代には、個人が仕事に臨むマインドこそが競争力の源泉である。スキルだけでは十分でない。
  4. 有償/無償、職業/家庭、本業/研究など、自分なりに仕事のポートフォリオを設計する。うまくいけば、それぞれの仕事の好循環が生まれる。
  5. 仕事のポートフォリオを貫くのは、自分なりのテーマ。所属している組織の理念とは別に、「社会に果たしたい、個人的なミッション」を持つ。
  6. 短期的には居心地がよいが、長期的には今動いたほうがいい。そう分かっているときに動くのが、ほんとうのハードワーク。見えているリスクを敢えて取る勇気を持つ。

Counter: 864, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2012-05-02 (水) 15:18:18 (JST) by admin

リストを購読する

Advertisement