カテゴリー
list

捨てるモノを識別するための「究極の質問」

『なんとなく捨てたほうがいいとわかっているけれど、捨てられないままモヤモヤしている――そんな、最後のひと押しが必要なときには、ぜひ次の質問を自分自身に投げかけて確認してみるといいかもしれません。』