不文律の構造

まえがき

『これまでの多くの企業変革手法は、企業組織の中の“目に見える”部分を対象にしてきた。(略)しかし、企業組織の中の“目に見えない”部分、すなわち組織の中の人が共有している暗黙のルール(不文律)には手をつけてこなかった。』

リスト

  • 【成文律】プロセス、組織制度など
  • 【垂範律】トップの言動、リーダーの思考パターンなど
  • 【(狭義の)不文律】前例、慣習など
  • 【不言律】従来の通念、過去の常識など

あとがき

まえがきを含めて、三沢 一文『ネットワーク時代の新・仕事術―自立型ビジネスマン作法』より。文中の図をリスト化しました。氷山を横から見た図が描かれており、水上の目に見える部分が成文律、水中の目に見えない部分が垂範律・(狭義の)不文律・不言律に分かれています。前後の文脈からして外国の書籍の引用ないし本案のようですが、出所は示されていませんでした。

垂範律・不言律など独特の用語が面白いですね。暗黙の前提というか不文律に「深さ」があるという発想は、組織の問題を考えるうえで役立ちそうに思います。

この本は1996年刊。本書における不文律の議論は、Peter Scott-Morgan(Wikipedia)が1994年に出した”The Unwritten Rules of the Game: Master Them, Shatter Them, and Break Through the Barriers to Organizational Change”を引いているようです。著者はこの本の訳書『会社の不文律―ホンネがわからなければ、何も変えられない』の共訳者でもあります。

(書影)


(書影)


(書影)

タグ

不文律(1)  暗黙の前提(1)  組織改革(1)