資本主義の「経済原理」に起こる五つのパラダイム転換

資本主義の土台にある経済原理が「目に見える経済」から「目に見えない経済」へと転換するとき、何が起きるのか。

今日のリスト配信

新着リスト

  • 宗教心の3B
    『宗教には、信念、実践、帰属という、相互補完的ながら独立した、三つの側面が存在すると考える研究者も多い。』
  • ワイズリーダーの6つの実践
    『知識だけでは、「よい行動」は起こせない。知識を「よい行動」に結びつけるためには、フロネシス、すなわち実践知が必要になる。(略)われわれの考えでは、それらの実践こそがワイズリーダーの最大の特徴をなしている。』
  • ダイナミック・ケイパビリティの3能力
    『ダイナミック・ケイパビリティとは、(略)環境の変化に対応して、これまで競争優位を生み出してきた既存のルーティン、ケイパビリティ、資源、知識、資産を再構成するより高次のメタ能力のことである。』
  • 企業衰退のABC(バフェット)
    『バークシャーは詳細な予算や目標を達成することよりも、「堀を広げ、永続的な競争優位を構築し、顧客を喜ばし、飽くことなくコストと戦うよう」、それらの経営陣に指導しているのだ。バフェットが敵とするABCは、』
  • 株式の価値を測る4要素
    『資産の価値は収入と成長と期間と確実性の掛け算である』『価値の要素はすべての産業において同じであるが、その水準はさまざまで、また組み合わせも異なる。』
  • 「闘う民主主義」の五原則
    『今は「生き残りの経済」から「命の経済」へと移行すべきときだ。今こそ、「放置された民主主義」から「闘う民主主義」へと移行すべきである。(略)「闘う民主主義」が掲げるべき五つの原則は以下の通りだ。』