【圧縮版】プライバシー8原則(OECD)

まえがき

個人データはどう扱われるべきか。「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関するOECD理事会勧告(1980年9月)」の仮訳をさらに圧縮したもの。

リスト

  1. 【収集制限の原則】 適法かつ公正な手段によって収集されること
  2. 【データ内容の原則】 利用目的に必要な範囲内で正確・完全・最新なものに保たれること。
  3. 【目的明確化の原則】 収集目的が収集される時点で明確になっていること。
  4. 【利用制限の原則】 収集目的のためにのみ利用されること(本人の同意か法律の規定がある場合を除く)。
  5. 【安全保護の原則】 紛失・不当アクセス等の危険から保護されていること。
  6. 【公開の原則】 存在・利用目的・データ管理者の情報が公開されていること。
  7. 【個人参加の原則】 個人が自分のデータの内容を知り、修正や削除を求められること。
  8. 【責任の原則】 データ管理者は、上記の原則を実施する責任を負うこと。

あとがき

プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関するOECD理事会勧告(1980年9月)(仮訳)」(外務省)より。「第2部 国内適用における基本原則」の部分です。

もともと「仮訳なので詳細は原文を参照せよ」と書かれている文章を、本文40字以内を目標に要約してみました。ですのでくれぐれも鵜呑みにしないでくださいね。

タグ

セキュリティ(1)  プライバシー(1)  個人データ(1)  個人情報(1)