ボーイスカウトの「おきて」


まえがき

『「正しいこと」を簡潔なリストにまとめたものがいわゆる「徳目」である。(略)例えばボーイスカウトの「おきて」が典型的であろう。』

リスト

  1. スカウトは誠実である
  2. スカウトは友情にあつい
  3. スカウトは礼儀正しい
  4. スカウトは親切である
  5. スカウトは快活である
  6. スカウトは質素である
  7. スカウトは勇敢である
  8. スカウトは感謝の心をもつ

あとがき

まえがきはミシェル・ボーバ『共感力を育む: デジタル時代の子育て』 (ひとなる書房、2021年)の訳者解説「道徳教育についての考察」(佐柳 光代および髙屋 景一)より。リストはボーイスカウト日本連盟発行の団体案内 (PDF) から引用しました。まえがきを引用した解説にもほぼ同じリストがありましたが、第8項目の「もつ」が「持つ」になっていました。

日本連盟コミッショナーによる2020年の年頭所感によると、もともとは12項目であったものを1988年に5項目を削って1つを足して8つとしたとのこと。オリジナルを探してみると次のようなものでした。

“A Scout is trustworthy, loyal, helpful, friendly, courteous, kind, obedient, cheerful, thrifty, brave, clean, and reverent.” -スカウトのおきて
訳「スカウトは、信頼でき、忠実であり、親切であり、友好的であり、礼儀正しく、親切であり、従順であり、陽気であり、倹約的であり、勇敢であり、清潔であり、敬虔である。」

ボーイスカウトアメリカ連盟」(Wikipedia 日本語版)より。打消し線は引用者による

年頭所感によれば、削ったのは『「LOYAL・忠節を尽くす」「HELPFUL・人の力になる」「OBEDIENT・従順である」「CLEAN・純潔である」「REVERENT・つつしみ深い」』であるとのこと。加えたのは最後の項目ということですね。

この本からの他のリスト

タグ

📅

 👤

 📁

No comments on ボーイスカウトの「おきて」