四住期(ヒンドゥー教の4つの発達段階)

『人生を自然に移りゆく四つの時期(学生〔がくしょう〕期・家住期・林住期・遊行〔ゆぎょう〕期)として捉えるヒンドゥー教の考え方がある。これもまた、われわれが職業生活におけるトランジションを把握するためのレンズとなるだろう。』