成功の木

まえがき

『さまざまな要素を統合した新しいモデルである「成功の木」は、吹きつける強風に屈することなく、人間の生涯におけるあらゆる可能性を解き放とうとする際に、AQがどんな基本的な役割を果たすのかを明らかにするものである。』

リスト

  • 【葉】 実績(パフォーマンス)
  • 【枝】 才能や意欲
  • 【幹】 知性、健康、人格
  • 【根】 遺伝的要素、育ってきた環境、信仰

あとがき

まえがきを含めて、ポール・G. ストルツ 『すべてが最悪の状況に思えるときの心理学―AQ逆境指数』(きこ書房、1999年)より。

核に遺伝的要因があって、表面に行動とその結果があるという点では、いわゆる氷山モデルや玉ねぎモデルと同じですが、木のたとえもわかりやすいと感じたので収集。

わかりづらいのは、著者がAQ(逆境指数)を【土壌】と位置づけていること。土壌となると木そのものではなくなってしまいます。本書の他の箇所ではAQは知識であり手段であるとも書いてあります。巻末のAQ検査は感じかたの特性を測っているようでした。

(書影)

この本からの他のリスト

タグ

AQ(1)  逆境(3)  逆境指数(1)