将棋の局面を理解するための駒の価値

まえがき

『「玉、飛」、「角、銀」、「金、桂、香」の順に駒の配置を認識すると、局面の状況や将来展開を理解するのに効率が良い。』

リスト

  • 【玉・飛】 玉と飛の位置関係で全体的な作戦が決まる。
  • 【角・銀】 その作戦の中での具体的な側面が決まる。
  • 【金・桂・香】 作戦に従って配置が決まる。

あとがき

中谷 裕教他『「次の一手」はどう決まるか: 棋士の直観と脳科学』(勁草書房、2018年)より。プロ棋士が駒配置を記憶するときに重視した駒から、駒の価値を探り出した実験がありました。

飛は、局面理解という観点からは玉と同等の価値があるそうです。また、その中で戦法を決定するのは角と銀で、駒単独での価値が高いはずの金は第3グループだったとのこと。

(書影)
  • タイトル:「次の一手」はどう決まるか
  • 著者:中谷裕教/著 伊藤毅志/著 勝又清和/著 川妻庸男/著 大熊健司/著
  • 出版社:勁草書房
  • 出版日:20180428

タグ

将棋(1)