カテゴリー
list

仏教の認識論の構成要素(十八界)

『仏教の認識論では知覚が決定的に重視されるが、知覚という認識を構成する基盤、要素を、それぞれ十二処(六入と六境)、十八界(六入と六境と六識)として立てる。』

カテゴリー
list

三つの根源的な煩悩(貪瞋癡)

俗にいう貪瞋癡(とんじんち、三毒とも言う)の現代語訳。