武士の三礼(真行草)

まえがき

江戸時代が舞台の小説から。

リスト

  • 草の礼 … 両手を下げ、目礼する(同輩向け)
  • 行の礼 … 手を膝につける(上司向け)
  • 真の礼 … 平伏する(さらに上の相手向け)

あとがき

『天地明察』より。文章を編集してリストの形に整えています。
この三礼の上に、こんな礼があるとのこと。
『さらに主君に対しては、畏怖の礼と言うしかないような、一度や二度、顔を上げろと言われても決して上げず、おいそれと近づかぬような礼となる。』

「真行草」という枠組みについて調べていたので、目に飛び込んできました。この「武士の三礼」では単に順序を表していますが、芸能・文化などにおいては本格=真、破格=草みたいな感じで三者の優劣はなく、むしろ草が面白がられるようです。

(書影)
  • タイトル:天地明察
  • 著者:中井貴一/著 久石譲/著 冲方丁/著 宮崎あおい/著 岡田准一/著 滝田洋二郎/著 ほか
  • 出版社:角川書店 : 角川グループパブリッシング
  • 出版日:2009-11

タグ

伝統(1)  (1)  礼儀(1)