カテゴリー
list

情報収集の4か条(コリン・パウエル)

『情報収集プロセスに対し私と担当者で同じ見方になるように、また、担当者の説明責任を軽減してあげるため、私は、次に示す4カ条のルールを設定した。』

まえがき

『情報収集プロセスに対し私と担当者で同じ見方になるように、また、担当者の説明責任を軽減してあげるため、私は、次に示す4カ条のルールを設定した。』

リスト

  • わかっていることを言え。
  • わかっていないことを言え。
  • その上で、どう考えるのかを言え。
  • この3つを常に区別しろ。

あとがき

まえがきを含めてコリン・パウエル『リーダーを目指す人の心得』より。パウエル氏は、2003年にイラクが大量破壊兵器を製造しているという嘘の演説をしてしまったことがあります。これを4か条に照らして、「わかっていないことを言え」が機能しなかった事例だとふり返っています。

事実(わかっていること)と意見(どう考えるのか)を分けるというのは職場でよく言われる心得です。論理的には「わかっていること」を明らかにすれば「わかっていないこと」も自ずと明らかになるわけですが、実務的には、何が「わかっていないこと」なのかを意識して明らかにする態度が大事そうです。

  • タイトル:リーダーを目指す人の心得
  • 著者:コリン・パウエル(著)、トニー・コルツ(著)、井口耕二(翻訳)
  • 出版社:飛鳥新社
  • 出版日:2012-09-28

この本からの他のリスト

タグ

インテリジェンス(2)  情報収集(2)