カテゴリー
list

自分のアタマで考えるには(ちきりん)

『これが、ちきりんが考える「知識と思考の、理想的なカンケイ」なのです。』