経営者の直感的選択への確信を支えるもの

『〜「気合です」としか答えられないような意思決定をするのが経営者の責任といえるかもしれない。
 だからといって運を天に任せて意思決定を行わざるをえないと結論してしまうのは短絡的である。外からは選択が直感的に行われているように見えても、経営者の側には、自らの選択にかなりの確信があるはずである。
 この確信はどこからくるのか。』