Pickup 本の中のリスト

成功する人間関係 (1970年)

上手な批判(ギブリン)
『上手な批判とは、するほうとされるほうの両者が価値ある目標を達成することを目的としたものでなければならない。』  他 2 件

ヤンテの掟  t 

まえがき
『約百年前、デンマークの作家アクセル・サンデモーセは、生まれ故郷ニュークビン・モースの文化について本を書いた。(略)本のなかでは一〇の掟(アクセルは登場人物の名前にちなんで「ヤンテの掟」と名づけた)が挙げられているが、それはいまなお、多くの文化や学校で実践され、教えられていることと同様である。』
リスト このリストを引用する
  1. 自分は特別だと思わないこと。  t 
  2. 自分は人並みに善良だと思わないこと。  t 
  3. 自分は人より賢いと思わないこと。  t 
  4. 自分は人より優れていると自惚れないこと。  t 
  5. 自分は人より物知りだと思わないこと。  t 
  6. 自分は人より重要だと思わないこと。  t 
  7. 自分は何かに秀でていると思わないこと。  t 
  8. 人を笑わないこと。  t 
  9. 自分は人から気にかけてもらえると思わないこと。  t 
  10. 自分は人に何かを教えられると思わないこと。  t 
  11. ※人は自分のことを何も知らない、と思っていないか?  t 
あとがき
まえがきはセス・ゴーディン『「型を破る人」の時代: “ズバ抜けた結果”を出せる人は、何をしているか』より。リストも引用したかったのですが納得できない訳がいくつかあり、Wikipediaの"Law of Jante"から自分で訳出しました。第11項目はちょっと特別で、刑法(penal code)という位置づけらしいので※を付けてみました。

徹底的に埋没せよ、依存するな、干渉するな、という感じですね。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2014/9/12 最終更新:2014/9/12
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement