ヤンテの掟

まえがき

『約百年前、デンマークの作家アクセル・サンデモーセは、生まれ故郷ニュークビン・モースの文化について本を書いた。(略)本のなかでは一〇の掟(アクセルは登場人物の名前にちなんで「ヤンテの掟」と名づけた)が挙げられているが、それはいまなお、多くの文化や学校で実践され、教えられていることと同様である。』

リスト

  1. 自分は特別だと思わないこと。
  2. 自分は人並みに善良だと思わないこと。
  3. 自分は人より賢いと思わないこと。
  4. 自分は人より優れていると自惚れないこと。
  5. 自分は人より物知りだと思わないこと。
  6. 自分は人より重要だと思わないこと。
  7. 自分は何かに秀でていると思わないこと。
  8. 人を笑わないこと。
  9. 自分は人から気にかけてもらえると思わないこと。
  10. 自分は人に何かを教えられると思わないこと。
  11. ※人は自分のことを何も知らない、と思っていないか?

あとがき

まえがきはセス・ゴーディン『「型を破る人」の時代: “ズバ抜けた結果”を出せる人は、何をしているか』より。リストも引用したかったのですが納得できない訳がいくつかあり、Wikipediaの”Law of Jante“から自分で訳出しました。第11項目はちょっと特別で、刑法(penal code)という位置づけらしいので※を付けてみました。

徹底的に埋没せよ、依存するな、干渉するな、という感じですね。

(書影)
  • タイトル:「型を破る人」の時代
  • 著者:セス・ゴーディン/著 神田昌典/監修・翻訳
  • 出版社:三笠書房
  • 出版日:20140314

この本からの他のリスト

タグ

秩序(1)  組織(24)  規範(1)  集団(2)