Pickup 本の中のリスト

キー・コンピテンシー -- 国際標準の学力をめざして

OECDが定めた3つのキー・コンピテンシー
「キー・コンピテンシーとは、OECDが1999年〜2002にかけて行った「能力の定義と選択」(DeSeCo)プロジェクトの成果で、多数の加盟国が参加して国際的合意を得た新たな能力概念です。」 

百科事典のトリレンマ  t 

まえがき
スタンフォード哲学百科事典が克服を目指した、誰もがアクセスできる百科事典において同時に成立させることが難しい3つの性質とは。
リスト このリストを引用する
  • 【信頼性】 内容が正確で信頼できる (authoritative)  t 
  • 【網羅性】 項目に網羅性がある (comprehensive)  t 
  • 【今日性】 重要な話題についての情報が更新されている (up-to-date)  t 
あとがき
"This free online encyclopedia has achieved what Wikipedia can only dream of" (Scroll.in) より。意訳です。ラベルはこちらで付けました。

文脈としては、「一般大衆および学者がアクセスしやすい情報源としての」百科事典についてのトリレンマです。詳しくは参考文献(1)を参照のこと。

参考文献
(1) Nodelman, Uri & Allen, Colin & N. Zalta, Edward. (2002). Stanford Encyclopedia of Philosophy: A dynamic reference work. 380. 10.1109/JCDL.2003.1204899.
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2019/2/20 最終更新:2019/2/20
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement