カテゴリー
list

宇宙社会学の公理

『「だから、(宇宙社会学の)最終的な研究成果は、純粋に理論的なものになる。ユークリッド幾何学のように、まずいくつかの単純な公理を設定し、それらを基盤にして、総合的な理論体系を導き出す」』

まえがき

『「だから、(宇宙社会学の)最終的な研究成果は、純粋に理論的なものになる。ユークリッド幾何学のように、まずいくつかの単純な公理を設定し、それらを基盤にして、総合的な理論体系を導き出す」』

リスト

  • その一、生存は、文明の第一欲求である
  • その二、文明はたえず成長し拡張するが、宇宙における物質の総量はつねに一定である

あとがき

まえがきを含めて、劉 慈欣 『三体Ⅱ 黒暗森林 上』 (早川書房、2020年) より。

スケールの大きなストーリーの鍵となる、シンプルな公理。

  • タイトル三体Ⅱ 黒暗森林 上
  • 著者: 劉 慈欣(著)、富安 健一郎(イラスト)、大森 望(翻訳)、立原 透耶(翻訳)、上原 かおり(翻訳)、泊 功(翻訳)
  • 出版社: 早川書房
  • 出版日: 2020-06-18

コメントを残す