カテゴリー
list

人格を高める心がけ(菜根譚)

『人格を高めたければ、以下にあげる四つの心がけが必要である。』

まえがき

『人格を高めたければ、以下にあげる四つの心がけが必要である。』

リスト

  • 苦境に陥っても、困難に直面しても、何事もないかのように平然と構えていること。
  • 酒の席では、羽目をはずすことなく言動を慎むこと。
  • 権力者と出会っても、媚(こ)びたりせず毅然とした態度をとること。
  • 貧しく身寄りのない人に同情し、いたわりの気持ちを持って接すること。

あとがき

洪自誠『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚』 (ディスカヴァー・トゥエンティワン、2007年)より。

引用元は「前集220」となっていましたが、調べてみると221のようです(参考文献1)。読み下しを添えて引用します。

君子處患難而不憂,(君子は患難〈かんなん〉に處〈お〉りて憂えず)
當宴遊而益加惕慮;(宴遊〈えんゆう〉に當〈あ〉たりて惕慮〈てきりょ〉し)
遇權豪而不懼,(權豪〈ごうけん〉に遇〈あ〉いては懼〈おそ〉れず)
對惸獨而反若驚心。(惸獨〈けいどく〉に對〈たい〉して)心を驚かす)

参考文献

(1) 菜根譚 – 维基文库,自由的图书馆

(2) 菜根譚 超訳: ■前集221項

コメントを残す