国王の十責

“国が幸せであるためには、公正な政府が必要である。公正な政府がいかにして実現されるかを、ブッダは「国王の十責」として『ジャータカ』の中で説明している。”

事業仕分けの元祖、カナダの「プログラム・レビュー」の仕分け基準

「システムの生みの親の加藤秀樹行政刷新会議事務局長によれば、事業仕分けの手本は、カナダ政府の『プログラム・レビュー』。」
「義務的経費を除く全政策経費を対象」に、以下の6つの問いかけをしていったそうです。