犯意の原則 (mens rea)

『アメリカ合衆国の刑法及びコモン・ローは、イギリスの法律家エドワード・コークの唱えた「犯意の原則」――精神も有罪でない限り、行為は有罪では無い――が根底にある』。「犯意」を重い順に並べると。