Pickup 本の中のリスト

あいまいさの精神病理―迷いの時代と決断できない人々

自我意識の4条件(ヤスパース)
『ドイツの精神病理学者ヤスパースは、自分が自分であるという意識すなわち自我意識を、能動性、単一性、同一性、限界性の四点から成り立つと定義した。』 

相談に乗るときの心がけ(バイステックの7原則)  t 

まえがき
ケースワークの原則を意訳して、相談の心得にしつらえ直してみました。
リスト このリストを引用する
  1. 人間は一人ひとり違うことを忘れない。  t 
  2. 相手が感情を表に出すことを助ける。  t 
  3. 感情的に巻き込まれることを避ける。  t 
  4. ありのままの人間として受け容れる。  t 
  5. 裁かない。  t 
  6. 決めるのは相手。  t 
  7. 秘密を守る。  t 
あとがき
ケースワーク」(Wikipedia)より。「バイスティックの7原則」は左のページや「バイスティック 」(あやせ青少年センター)に解説がありますが、言葉づかいが分かりづらかったので、"Punishment in the Community"(Googleブック検索)などを参考にして訳しました。

オリジナルの「バイステックの7原則」は、以下の本にある……はず(未確認)。
タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2008/9/28 最終更新:2013/4/14
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement