Pickup 本の中のリスト

ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために (生活人新書)

暴力行為を正当化する理由付け(中和の技術)
善悪の価値観の中を漂流している少年は、自分たちの行為を正当化する理由付け(中和の技術)を導入することで、非行に走っていく。その理由付けの5類型とは。  他 1 件

有名人になる五つのステップ  t 

まえがき
「これから、自分という商品をどうやって市場に育ててもらえるのか、五つのステップに分けて説明していきます。」
リスト このリストを引用する
  1. 自分の商品性を把握し、顧客やパートナー、競争相手を特定する  t 
  2. 自分がターゲットとする市場について、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングを行う  t 
  3. 自分を売り込むためのサービスを開発し、そのサービスの提供プロセスを管理する  t 
  4. 自分がつくったサービスを普及させるための適切なチャネルを見つける  t 
  5. 自分のサービスに適切な価格をつけ、品質を保証する  t 
あとがき
まえがきを含めて『「有名人になる」ということ』より。要するに、ふつうの(モノやサービスを提供する)ビジネスと同じですよというのが、著者のメッセージ。
ふつうのビジネスと同じとはいえ、商品が自分なので、売り物として客観的に評価できなかったり、売り込むための心理的な壁を越えられなかったりします。このステップを踏むためには「リミッターを外す」(自分で自分に設けた限界を打ち破る)覚悟が必要とのこと。

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2012/10/31 最終更新:2012/10/31
関連書籍
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement