Pickup 本の中のリスト

シンプルな政府 -- “規制”をいかにデザインするか

情報開示の3つのメリット
『単純なナッジとしての情報開示は、三つの異なる目的を追求する。』 

ブロンド(金髪)の分類  t 

まえがき
『カナダ人の人類学者の著者グラント・マクラケンは「ブロンドの周期表」なる自説を発表している。それによればブロンドは次の六つに分類される。』
リスト このリストを引用する
  1. セクシーなブロンド(メイ・ウエスト、マリリン・モンロー)  t 
  2. 快活なブロンド(ドリス・デイ、ゴールディ・ホーン)  t 
  3. 遠慮のないブロンド(キャンディス・バーゲン)  t 
  4. 危険なブロンド(シャロン・ストーン)  t 
  5. 上流階級のブロンド(C・Z・ゲスト)  t 
  6. クールなブロンド(マレーネ・デートリッヒ、グレース・ケリー)  t 
あとがき
まえがきを含めて、マルコム・グラッドウェル『犬は何を見たのか THE NEW YORKER 傑作選』より。なんとなく貴重なリストのように思えて収集。

カッコに挙げられたブロンドの中でC・Z・ゲストという人だけ知りませんでした。Wikipediaによると、アメリカでは有名な舞台女優のようです。

「ブロンドの周期表」という言葉が気になりますね。マクラケンの著作は『ビッグヘア――自己変容への旅』("Big Hair: A Journey into the Transformation of Self")とのこと。ただ、邦訳もないしamazon.co.jpでは取り扱っていないようなので、原著にあたるのは断念。"blondness periodic table"で検索してみると、いくつか同書を引用しながら解説している書籍やページが見つかりました。「なるほど、だから周期表か!」という発見はありませんでしたが、土産代わりに6つのブロンドの名前をメモしておきます。
bombshell blonde
sunny blonde
brassy blonde
dangerous blonde
society blonde
cool blonde

タグ
情報
投稿:koji さん 登録:2014/6/27 最終更新:2014/6/27
関係があるかもしれないリスト
関連情報

リストを購読する

新規登録

  • 公開/個人リストを登録
  • お気に入りをブックマーク
  • リストにコメント
するには……

facebook

Advertisement