がん細胞に特徴的な6つの性質


まえがき

『2000年、科学雑誌《セル》に掲載された画期的な論文には、あらゆるがん細胞が持つとりわけ特徴的な6つの性質が列挙された。』

リスト

  • 際限なく分裂する
  • ホルモンなど外部の物質の指示や影響を受けずに成長する
  • 血管形成を行う。つまり、体をだまして血液を供給させる
  • 成長を止めるためのあらゆる信号を無視する
  • アポトーシス、すなわちプログラムされた細胞死には屈しない
  • 転移する、つまり体の他の部位に広がる

あとがき

まえがきを含めて、ビル・ブライソン『人体大全 なぜ生まれ、死ぬその日まで無意識に動き続けられるのか』 (新潮社、2021年)より。本文のリストを引用しました。著者はこのように続けています。

がんとは結局、自分の体が全力で自分を殺そうとすることなのだ。許可のない自殺。

出典が書かれていませんでしたが、おそらく参考文献[1]の総説です。参考文献[2]によれば、2011年にはこの総説がアップデートされ、4つの性質が追加されたとのこと。

この本からの他のリスト

参考文献

[1] Hanahan, Douglas, and Robert A. Weinberg. “The hallmarks of cancer.” cell 100.1 (2000): 57-70.

タグ

🏷️

📅

 👤

 📁

No comments on がん細胞に特徴的な6つの性質