カテゴリー
list

日常生活を脅かす「DANGERゾーン」

『DANGER領域では、人の生活のあらゆる要素が脅威にさらされる。(略)結婚、子どもたちの幸福、仕事、そして生活そのものまで、あらゆる状況が危機に瀕していた。』

まえがき

『DANGER領域では、人の生活のあらゆる要素が脅威にさらされる。(略)結婚、子どもたちの幸福、仕事、そして生活そのものまで、あらゆる状況が危機に瀕していた。』

リスト

  • Disappointment:失望や敗北感
  • Anger:怒りや避難
  • Negativity:否定的感情
  • Globalizing:否定的感情の全体化
  • Escape:無駄や危険の多い活動への逃避
  • Rejection:援助や他者、生活への拒否反応

あとがき

まえがきを含めて、エドワード・M・ハロウェル 『ハーバード集中力革命』(サンマーク出版、2016年)より。書籍では一貫して「DANGER領域」と訳されていましたが、ここはやっぱりDANGERゾーンとしたいところ。

Globalizing(全体化)は、ある局面での否定的感情が生活の他の局面にも及ぶという意味だと理解しました。単語としてはややこじつけ気味ながら、なるほどと思える項目。

  • タイトル:ハーバード集中力革命
  • 著者:エドワード・M・ハロウェル(著)、小川彩子(翻訳)
  • 出版社:サンマーク出版
  • 出版日:2016-10-21