カテゴリー
list

弁証法の基本法則(マルクス)

『マルクス主義は、「弁証法」、つまり本来的には「客観的な弁証法」として次のような法則をあげている。』

カテゴリー
list

コミュニケーションにおける慈善の原則

『簡単に言えば、思いやりの原理(principle of charity、慈悲の原理などとも訳される)とは、相手の発言や行動を解釈する際には、できるだけ筋が通ったものになるように解釈せよ、という原理である。』

カテゴリー
list

知識の3条件

『哲学者たちの多くが、知識には三つの条件がある、と主張してきた。何かを知っているというためには、』

カテゴリー
list

六中観

『こうした精神の陶冶、生きた学問ということになりますと、急場の間に合わせようとしても駄目なものでありまして、平素から備えておかないといけません。』

カテゴリー
list

4つのイドラ(フランシス・ベーコン)

『ベーコンはわれわれの精神から一切の偏見を除去しようとした。かれによると排除さるべき偏見には四種類のものがあり、かれはこの四種の偏見を偶像(idola)と名づけた。』

カテゴリー
list

全人格人間力を構成する5つの知(メビウス理論)

『これらの五つの知の統合が人間力の知(HQ : Humanity Quotient)である。このトータルな人間力の知は「全人格人間力の知」とも呼び、人間性を進化させる知である。』

カテゴリー
list

哲学の、3つの根源的動機(ヤスパース)

『総括して申しますと、「哲学すること」の根源は驚異・懐疑・喪失の意識に存しているのであります。』

カテゴリー
list

茶道文化の性格

『茶を喫んでゆくことによって文化が創造せられてゆく、その茶道文化が綜合的な体系であり統一があるというところが独特であるというだけでなく、その性格にまた独特なる特色があるのである。』

カテゴリー
list

新しいパラダイムが選択される5つの基準

『クーンは後年、「客観性、価値判断、理論選択」という論考のなかで、新しいパラダイムを選びとるときに用いられる五つの判断基準を示した。』

カテゴリー
list

ものごとの原因となる4種類の枠組み(四原因)

「二三〇〇年前、アリストテレスはものごとの原因となる四種類の枠組み(四原因)を提示した。」